自分らしい供養を一緒に考える 鎌倉新書

お仏壇について考えよう

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

 伝統的なデザインの大きな仏壇は、置くスペースがないし部屋にも似合わない、だからと言ってどこまで自由に考えて良いのだろうか…、そもそも我が家に仏壇は必要なのだろうか? そんな心配や疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

 確かに最近では住宅環境が変わり、伝統的な大きな仏壇を置くことは難しくなっています。そのため、モダンなデザインの仏壇や、小型の仏壇が増えています。仏壇を置く場所も、仏間ではなく、リビングなど様々な場所になっています。

 また、仏教に対する信仰が少なくなって、ご本尊を祀らずに位牌だけを祀ったり、位牌も使わずに写真を祀ったり、ご遺骨を納めたものを祀る方もいます。その場合はもう「仏壇」という言葉は適当ではないのですが、他に適当な言葉がありません。

 あるいは、写真だけ、ご遺骨やその加工品だけを置いて、仏壇なしの供養を行う人もいます。

 仏壇がどのようにな形であれ、また、仏教に対する信仰があるなしに関わらず、故人やご先祖をお祀りすることに変わりはありません。

 どのようにお祀りするかは、自由です。各ご家族の考え方や状況によって自分達にあった形を選べばよいでしょう。

 ですが、仏壇は供養に関わる習慣の中で、最も日常の生活に密着したものです。仏壇を通した供養を価値あるものにするために、今一度、その意味について考えてみましょう。

お仏壇について考えよう

  1. 1 物理的意味

     一般には、故人の位牌を置いてお祀りするための箱です。仏教的にはご本尊の仏像や掛軸を置いてお祀りするための祭壇です。

  2. 2 精神的意味

     仏壇は何よりもまず、故人とのコミュニケーションをしっかりとすることができる時間と場所を提供するものです。

     それによって、大切な人を失った悲しみを癒し、故人との関係を心の支えにして生きるために大きな助けとなります。また、忙しい日常生活の中で少し立ち止まって、非日常的な時間を持つことで、自分自身や生活を見直すことができます。

     生前、故人との間で未解決だったこと、心残りだったことを話していく中で、それを心の中で解決し、自分自身を成長させることができます。

     また、故人に毎日の出来事を報告したり、相談事をする中で、自分の心を整理したり、励ますことができ、カウンセリングの場にもなります。

  3. 3 家族的意味

     最近では、日常で家族揃って仏壇の前に座るという家は少なくなりましたが、それでも仏壇は、家族のつながりの象徴です。

     また、子供の心の教育を行う場でもあります。家族が仏壇にお祈りする姿は、家族への信頼や、他人に対する慈愛の心を育て、目に見えないものの価値を考える姿勢を育てます。

  4. 4 社会的意味

     最近は、他人宅を訪れることは減ってきているようですが、仏壇は、故人の知人らが自宅に来られた時に拝んでもらう、あるいは拝んでもらうことを理由に来てもらう、という意味があります。

     また、特に過去においてはそうですが、立派な仏壇を祀ることで、立派に家を継承した人物として認めてもらう、という意味もあります。

  5. 5 宗教的意味

     仏壇は、仏教的にはご本尊をお祀りする祭壇で、仏教の信仰のためのものです。しかし、一般的の日本人にとっては、仏壇は故人やご先祖の冥福をお祈りするための祭壇です。

     特定の宗教・宗派の教義を信じているかどうかは別にしても、仏壇を前にして日常とは別の時間を持ち、心を落ち着かせることで、大きな視点から自分の心や生活を見直し、成長することができるようになります。

     また、自宅に仏壇を祀り、定期的に、あるいは法要などの際にお寺さんに来ていただくことは、菩提寺―檀家という関係を持っていることの証でもあり、お寺さんにいろいろなことを相談する機会にもなります。

     具体的なことが知りたい方は、「いい仏壇.com」をご覧ください。

ページトップへ戻る

お仏壇について考えよう